Home > 見てみる > 有限会社コンテナおおあみ > 【レポート】あいのり夏号・おかみちゃん同行記(8)

2012.08.24  【レポート】あいのり夏号・おかみちゃん同行記(8)

つぼつぼ&えりりん日記(4) 8月23日(木) こんばんは!えりりんです(^ー゜) 今日は仙台から高速バスで登米市役所までいき、ちか姉に迎えにきてもらって、 まずコンテナおおあみのアトリエ「さざほざ」に連れて行ってもらいました。 荷物だけ運びだして、コンテナおおあみの事務所で「編んだもんだら」のタグづけを お手伝いしました(^_^) ひとつひとつ手編の編んだもんだらは、仕分け作業やタグづけも全部手作業でおこなっていて、 みんなの愛がいっぱいつまった商品だな、とおもいました! そのあとかのファームさんにいって食材を受け取り、 小野駅前の仮設住宅で慰労会に参加させていただきました。 慰労会では北は北海道、南は沖縄まで全国のボランティアさんたちが大勢いて、 年齢も様々でした。 それぞれのボランティア団体での活動を聞いたりして有意義な時間を過ごせました。 フィリピン人のネルくんとも英語で話せて、楽しかったです\(^o^)/ こんな感じで4日目、終了しました。 明日はつぼつぼさんが日記をかいてくれるので、わたしの日記は今日で最後です。 読んでくださってありがとうございました。 このうれしやでの活動で学んだことは、ここで終わりではないと思ってます。 次に繋げれるように、まずは明日の車座座談会がんばります! 最後に、この4日間で私と関わってくださってみなさん、ほんとうにありがとうございました! ===== ボランティア活動4日目。 仙台から1時間半かけて高速バスで登米市まで来てくれた二人。 タグ付けをしたり、編んだもんだらの数を数えたり、、、と、 大活躍でした。 夜は小野駅前仮設住宅での「慰労会」に飛び入り参加させていただき、 他のボランティア団体のみなさんとも交流できました♪ 普段、私は緩やかにネットワークをつなぎ、少しずつ知り合いを増やし、 お互いにできる事を重ね合わせていきます。 昨夜はまさに、その現場に居合わせた二人。。。 現地でのボランティアさんたちの活動の様子を少しでも感じてもらえたでしょうか? さ、今日はいよいよえりりんとつぼつぼの最終日。 体験発表会をしてもらいます。 どんな車座座談会になるのか、たのしみです!



有限会社コンテナおおあみ

宮城県北部沿岸地域の女性の手仕事を応援しています!

カテゴリ
生活支援、情報発信