Home > 見てみる > 有限会社コンテナおおあみ

有限会社コンテナおおあみ

宮城県北部沿岸地域の女性の手仕事を応援しています!

カテゴリ

生活支援、情報発信


常勤スタッフの半数以上が、被災地元住民の団体です

仮設住宅で暮らす女性達が手仕事を通じて生きがいや喜びが生みだされ、復興への第一歩を自ら歩みだす為のきっかけとしています。

地元起業家を応援し、新たな雇用と産業を創出するため、リーズナブルにスペースやソフトを提供する協働オフィス事業を2011年に開始。震災後は被災地における女性の経済的自立と仮設住宅等で暮らす方々の生活再建に向けた就労と生きがいづくりの場を提供する目的で手仕事支援事業に着手しました。 

活動内容

仮設住宅で暮らす女性達が手仕事を通じて生きがいや喜びが生みだされ、復興への第一歩を自ら歩みだす為のきっかけとしています。

地元起業家を応援し、新たな雇用と産業を創出するため、リーズナブルにスペースやソフトを提供する協働オフィス事業を2011年に開始。震災後は被災地における女性の経済的自立と仮設住宅等で暮らす方々の生活再建に向けた就労と生きがいづくりの場を提供する目的で手仕事支援事業に着手しました。  

 

 

手仕事プロジェクトとして「編んだもんだら」「amaproject」の2つの活動をしています。

  • 「編んだもんだら」

オリジナルデザインのアクリルエコタワシ「編んだもんだら」を、気仙沼大島・南三陸町歌津・南三陸町志津川・登米市南方の4拠点30名の女性の手仕事として展開。

各拠点へは週1~月2回程度通い、作り手との親睦を図りながら生活再建に向けての相談を伺う他、必要な機関へつなぐなどの取り組みも行っています。

 

  • 「amaproject」

南三陸町志津川平磯・戸倉の2拠点12名の女性の手仕事としてブレスレットの制作、及び販売。各拠点へは、週1~月2回程度通っています。①同様、悩み相談へのアドバイスや販路拡大への取り組みを実施しております。

 

今後は、現在の取扱商品を主力商品としながらも、宮城の暮らしの知恵を生かした商品開発に取り組み、また、製作を支援する事業から、コミュニティビジネスへと移行させるためのさらなる販路拡大や仕組み作りにも取り組みをしていきます。

 

 

スタッフ紹介

代表取締役社長 及川 幾雄

登米市総合計画策定委員

とめアートトリエンナーレ2010ディレクター

大網商工振興会 地域社会活動活性化事業部を立ち上げ、同事業部長に就任

起業支援オフィス「コンテナおおあみ」設立

震災後、登米市内と南三陸町の避難施設において

発電機持参による携帯電話の充電、

救援物資の仕分けと配達、炊き出し支援等を行ってきました。

現在も被災者の皆さんとの繋がりを大事にして各種事業を展開しています。

 

    

レポート

団体概要

団体名 有限会社コンテナおおあみ
住所 宮城県登米市迫町佐沼字大網218-1
電話 0220-44-4210
FAX 0220-44-4202
代表者名 及川 幾雄
設立年月日 2001年9月
団体人数 5 名
サイトURL http://www.kontena.jp
メールアドレス info@sazahoza.kontena.jp
facebook https://www.facebook.com/sazahozasendai